『現代の名工』宮国次男作 琉球ガラス(シーサー)ピンク 詳細ページ

恩納村ふるさと納税特産品 『現代の名工』宮国次男作 琉球ガラス(シーサー)ピンク画像
特産品名
『現代の名工』宮国次男作 琉球ガラス(シーサー)ピンク
寄付金額
500,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
特産品内容
琉球ガラス(瑠璃ガラス)
シーサー(ピンク)
約H:15cm×W:12cm×D:8cm×2体
※台座付き
商品コメント

沖縄県恩納村の琉球ガラスで数々の賞を受賞した宮国次男さんの作品です。

古くから世界中で重宝されてきた瑠璃を、現代の技術でアートに仕上げた逸品の数々。
その色彩の深みと、美しい造形が、他の素材では得られない雰囲気を醸し出します。
琉球ガラスで飽き足らなくなった、本物を愛する方に、ぜひご愛用頂きたい逸品の数々です。
シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像。 建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられる。
家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味を持ちます。

私が琉球ガラスを制作して、この地(恩納村)で40数年。。。
目まぐるしく変わりゆく時代の中で、常に新しい作品に挑戦し続けてきました。
ガラスに触れる事で、沖縄の美しい文化をほんの少しでも感じてほしい。ガラスはもっと身近にあってほしい。そんな思いから、琉球ガラス体験を始めました。

数多くの職人達がここから巣立ち、独立し、琉球ガラスが広まり、現在があります。そして今日もこれからの若者達に技術を伝え、育成に力を注いでいきます。この素晴らしい伝統工芸を未来に繋げてほしいから。
琉球ガラスで自在な表現を形にし、生活空間に彩を与える為に日々クリエイティブに没頭し、常に新しい形を追い求めるその思いは尽きる事無く、ずっと琉球ガラスと共に歩んで行くであろう。

過去の受賞歴

【職人科学技術長官賞】
【沖縄県優秀技能者】
【最優秀賞県産品賞受賞】
【現代の名工】など

※割れ物の為取り扱いには注意して下さい。
※写真はイメージです。職人が一つ一つ手作りの為色味や柄が実際とは異なる場合がありますので予めご了承くださいませ。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。