「リュウキュウガネブ」を100%使用したワイン「涙なだ」 風呂敷(白) 詳細ページ

恩納村ふるさと納税特産品 「リュウキュウガネブ」を100%使用したワイン「涙なだ」 風呂敷(白)画像
特産品名
「リュウキュウガネブ」を100%使用したワイン「涙なだ」 風呂敷(白)
寄付金額
38,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
予定数に達し次第、受付終了となります。
提供元
特産品内容
リュウキュウガネブを100%使用したワイン「涙 なだ」
・ハーフボトル1本×2本
・風呂敷(白)
商品コメント
~ワイン造りの道のり~
手探りで葡萄栽培を始め10年以上が経ちました。課題や問題はやればやるほどたくさん出てくるものだと日々痛感しております。
しかし、苦労ばかりではなく、多方面の方々の応援とご協力により今日まで続けることができました。また、今後は環境へ配慮した栽培を心がけ、このリュウキュウガネブ栽培を通し、沖縄の美しい自然を守る活動にも積極的に参加・貢献していきたいと思います。
沖縄葡萄による沖縄ワイン造りの未来予想図は少しづつではありますが、描かれ始めています。

~南の島の山葡萄ワイン~


沖縄の田舎にある小さなオーベルジュを営むハルサー(畑人)シェフが作る心安らぐおいしいワインをお楽しみください。


◆貴重な葡萄との出会い


本屋で沖縄野生植物図鑑を立ち読みしている時、「リュウキュウガネブ」と云う聞きなれない名前の原種植物が載っていました。そこには、自生山葡萄 まずい 食用には向かないと書かれていました。当時、沖縄では葡萄栽培は無理という風潮がありました。自生する葡萄があるのならお目にかかりたいと思い、調べてみると日本の山葡萄の権威、国立香川大学農学部、望岡先生に出会いました。そしてこのリュウキュウガネブが凄い葡萄であることを望岡先生から教わり、沖縄での栽培を決意しました。


◆沖縄原種山葡萄リュウキュウガネブとは


奄美以南沖縄本島、八重山諸島に自生する南方系の山葡萄です。
本土の山葡萄に比べ房は小ぶりですが、ポリフェノール、アントンシアニン、レスベラトロール等の機能性成分数値は数段高く含まれていると言われています。数々の沖縄食材同様、亜熱帯気候の強い紫外線から身を守るため生成される成分を豊富に蓄えた、実に健康的な県産食材です。


SDGs(自足可能な開発目標)に向けての取り組みについて


当館HPに掲載しているSDGs の取り組みなど、見ていただけると幸いでございます。


https://raout.com/


※ワインのボトルのラべルは毎年変更しております。
※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。


【地場産品基準について】
恩納村で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。