海底熟成泡盛「珊瑚の海」720ml 35度仕込 詳細ページ

恩納村ふるさと納税特産品 海底熟成泡盛「珊瑚の海」720ml 35度仕込画像
特産品名
海底熟成泡盛「珊瑚の海」720ml 35度仕込
寄付金額
40,000円以上の寄付で貰える
取扱時期
通年
提供元
特産品内容
・海底熟成泡盛 「珊瑚の海」720ml 35度仕込 1本
商品コメント
恩納村の海の中で1年かけて熟成された泡盛です。



島酒をこよなく愛する海人は思った。
この泡盛を海底で熟成させたら、さぞかし旨くなるだろう。
海は偉大だ。海底でゆっくりと時を重ねた泡盛は、
水圧や波の揺らぎによって自然に撹拌され、
地上の熟成酒とはひと味ちがうまろやかさが生まれた。

サンゴ礁の海底に眠る泡盛の周りを、熱帯魚たちが舞泳ぐ。
豊かな生命の海に守られた、海底熟成泡盛「珊瑚の海」。
ひときわ深い味わいに、心も満たされていく。


海底熟成泡盛 「珊瑚の海」
-海底熟成の流れ-


泡盛を専用のケースに収納


度数や年数の異なる恩納酒造所の泡盛「萬座」を海底での浸水を防ぐため防水キャップで密閉、それぞれナンバリングして専用ケースに入れます。


海人によって海底へ


恩納村漁業協同組合の協力のもと、厳選したポイントに設置した熟成庫にダイバーが泡盛の入ったケースを一つひとつ丁寧に運んでいきます。


海底で約1年間熟成


水深約10m以上の海底で半年〜1年寝かせます。海の潮流の影響を受け熟成が進み、唯一無二の味わいへと変化していきます。


海底から引き上げ






約1年間海の底で熟成させた泡盛を引き上げ、一本ずつ状態を確認。ボトルにはガーチ(石灰片)が付着して海底での年月を物語っています。


「サンゴの村」への恩返し
-珊瑚保全再生活動への取組-

オニヒトデの大量発生や赤土流出、地球温暖化の影響によるサンゴの白化現象など数々の困難に直面し、恩納村の海では約9割のサンゴが消失した時期もありました。
豊かな海を未来に残すため、村では長年かけてサンゴの養殖や値付けなどの保全再生活動に取り組んでいます。
地元のみなさんに愛される泡盛を70年以上作り続けている恩納酒造にとって、地元への恩返しは、創業以来の変わらぬ思い。海底熟成酒「珊瑚の海」は、生命を育むサンゴ礁の海を守り、未来へとつなげたいという地元の人々の思いがひとつになって生まれた泡盛です。

海底熟成泡盛 「珊瑚の海」の売り上げの一部をサンゴ礁再生支援事業に寄付いたします。


※20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。


【地場産品基準について】
恩納村で取り扱っているお礼品は、全て地場産品基準に適合しております。

特産品は月末締め集計後に発送するため、最長で約2ヶ月程お時間をいただいております。
また特産品によって準備ができ次第の発送もございますので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。